世紀の一戦 ロマチェンコ 対 リゴンドー

すべてダイエット食品 > ボクシング > 世紀の一戦 ロマチェンコ 対 リゴンドー

世紀の一戦 ロマチェンコ 対 リゴンドー

さあ、今週末は、いよいよ、
世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、
ワシル・ロマチェンコ VS ギジェルモ・リゴンドーです。

我がボクシングジムの会員さんの間でも、よく話題に上がってます。

なんといってもこの二人、どちらもオリンピック金メダリストという超スーパーエリート。
しかも、どちらも、2度のオリンピックを連覇して、金を2度も取っているという
まさに神様のようなボクサーです。

技術はどちらも文句のつけようのない神レベル。

僕はかなり高い確率でロマチェンコが勝つと予想します。
その理由は、テクニックではなく
この3点やと思います。

1.体格の違い
2.年齢の違い
3.打たれ弱さの違い

この3点でリゴンドーが明らかに不利です。
医学的見地からは、リゴンドーはもう37歳なので、
もう全盛期ではなく、これまで以上のパーフォーマンすは期待しずらい。
一方のロマチェンコは今がピークの真っただ中、
さらに進化する可能性も秘めています。

リゴンドーは、そのキャリアで何度か、ダウンしたり、効かされたり
していますが、すべてワンパンチです。

つまり、生まれつき打たれ弱い脳をしてると思われるので、
ロマチェンコの正確で高速なパンチを12ラウンド浴びたら、
いくらディフェンスも上手いリゴンドーでも、
何発かはアゴ先にもらう可能性は高いと思います。
ラウンド前半でダウンしてしまって、同じラウンドで
ロマチェンコが決めにきたらKO必至やと思います。

リゴンドーが勝つとすれば、12ラウンド、
ロマチェンコのパンチを外し続ける集中力が最後まで続くことです。
手数ではきっとロマチェンコには勝てないので、
パンチを外しまくってカウンターを当てる。
いきなりの左を当てる。
っていことが12ラウンドやり通せるかがカギです。

どうなるにしても、僕のワクワク感はピークです。
今年一番興味をそそる試合です。
遠くはななれた岸和田市のスタートラインジムでも、二人の対戦に
熱視線を送っています。